不動産マメ知識コーナー

 不動産広告と禁止用語2006.3.

週末ともなると、朝刊は折込チラシで元旦並みのボリュームに膨れ上がります。
それに最近ではマンションの販売にTV放送・インターネット広告・有名タレントを使ったイメージ戦略などで、その予算はかなりの金額であるはずです。
不動産広告を見る時に、有名タレントや写真うつりで強烈にアピール出来たとしても、本質は物件内容を知るためのコテコテの情報が一番重要です。

不動産広告は「不動産の表示に関する公正競争規約」によりルール化されています。

広告には「必要な表示事項」(物件概要・価格・交通等)と、「特定事項」(建築条件付・傾斜地・接道・高圧線下等)を表示しますが、一般消費者にとって一番やっかいなのが【不当表示】と【おとり広告】の存在です。

【不当表示】

『明らかに事実と違うもの』

『事実に反するとは言えないが、抽象的・大げさな表現である』

【おとり広告】

『実際には存在しない物件・既に取引終了した物件・取引できない物件』で客を呼び込む広告

不動産業者としては、ついつい大げさな表現でアピールしたいものですが、次のような用語は禁止されていますので、気をつけたいものです。

最高・完全な表現

最高・最上級・完全・絶好・万全…

比較優位な表現

日本一・業界一・抜群…

割安イメージの表現

格安・掘出物・破格…

不確定な利殖期待の表現

値上がりが期待できる・もう出ない…

当たり前のことを強調

売主につき手数料不要…

あいまいな表現

またとない・得難い・希少…

■但し、例えば「日本一」という表現でも、本当に日本一だということが証明できればもちろん使用OKです。

※不動産業者として使用禁止利用があまりひどいと“宅建免許取消処分”ということもあります…。