2007. 7 未登記物件の税金
2007. 6 住宅ローンアドバイザー
2007. 5 収入印紙の話
2007. 4 登記済証(権利書)の紛失
2007. 3 立ち退き料
2007. 2 修繕費の認識度
2006.12〜2007.1 人口減少と不動産投資
2006.11 保険的な収益不動産
2006.10 10月は宅建資格試験
2006. 9 坪・帖・間・尺
2006. 8 住宅ローン金利上昇
2006. 7 法令遵守の功罪
2006.  6 裁判所の不動産競売入札
2006.  5 土地取引価格情報公開について
2006. 4 地目(ちもく)
2006. 3 不動産広告と禁止用語
2006. 2 筆界特定制度
2006. 1 重要事項説明
2005.12 路線価の3倍の土地
2005.11 続・民間入札の弊害
2005.10 容積率・建ぺい率
2005. 9 キャピタル狙いですか?収益還元法
2005. 8 「敷引き」と判決
2005. 7 民間入札の弊害
2005. 6 自社ビル 購入か賃貸かについて
2005. 5 ”節税”に「不動産投資」は有効か?
2005. 4 J‐REIT/大阪物件見聞録
2005. 3 信託受益権販売業者って何者?
2005. 2 税制と不動産の悩ましい関係
2005. 1 今年の不動産対策はディフェンス重視!
2004.12 固定資産税精算金と消費税history
2004.11 敷地権と古年マンション
2004.10 売買取引の習慣、大阪と東京の違い
 ★これより前のコラムはこのページの一番下にあります!

【不動産マメ知識コーナー】 


 【新BIS規制2007.8.


81日に路線価が発表されました。

大阪でも大幅に地価が回復しているということになっていますが、(いつものことなのですが)実は路線価は11日現在のものとして発表していて、そのデータ自体は昨年後半の取引事例などを源泉にしていますから、我々が新聞等で知る路線価発表のニュースはかなりの時差があります。

今回も6ヶ月前とは本当に色んな変化がありました。

最近、一棟売の収益物件情報がやけに増加しているのも、何か嫌な感じです。

昨年の後半からそういう感じであったのですが、今春からの情報量は何かオーバーフロー的な感じであります。

“供給過剰”な感じはあったのですが、それよりも本当の原因はお金の流れが変わったことだと思います。

自己資本額

≧8%(国際基準・国内基準4%)

リスク測定額

【参考】・・・より詳しく知る場合の資料としてご紹介いたします。

新BIS規制の概要(金融庁・日本銀行 2004年10月)
新BIS規制(財団法人地方債協会)

従来からある自己資本比率の規制を、今年の春より上記の“リスク測定額”の内、不動産・ファンド・証券化商品などは融資リスクを大きく見るようになっているらしいので、ここ数年間不動産融資に積極的だった金融機関も当面引き締めを図らざるを得ないという。

  住宅ローンはリスク測定が反対に緩和されるとのことだから、問題は無いようです。

不動産売買は、お金の蛇口を締められると途端に低調になります。

仮にこれで金利が上がってしまうと、物件を売るために保有している業者さんなどはかなりのダメージを食うことになる。

唯一頼りになるには、銀行さんを当てにしなくてもよい富裕層(の買主)ですが、結局はここぞとばかりに買い叩かれてしまうことも多いのが過去の教訓です。

いつか来た道なのでしょうか…

2004. 9 自宅マンションの収益力って何ですか?
2004. 8 金利と収益物件の関係
2004. 7 不動産と相続評価
2004. 6 修繕積立金
2004. 5 仲介手数料
2004. 4 立地・将来性と利回り
2004. 3 「道路」について
2004. 2 「すぐできる空室対策」
2004. 1 「短期賃貸借制度の廃止」の前評判は?
2003.12 来春,消費税が変る!
2003.11 ミスは何故起ったのか!
2003.10 中古の収益用不動産の値踏み
2003. 9 土壌汚染対策法と土地取引
2003. 8 資産運用と不動産の位置付け
2003. 7 収益用不動産と減価償却について
2003. 6 不動産情報とインターネット検索
2003. 5 −ややこしいぞ!−瑕疵担保責任
2003. 4 何年たっても不良債権処理その3
2003. 3 賃貸マンション建設と経営について
2003. 2 不動産の値踏み…公的価格と時価
2003. 1 平成15年の不動産市況について
2002. 12 賃貸物件の原状回復の問題
2002. 11 事業用不動産を買い換える時
2002. 10 続・何年たっても不良債権処理
2002. 9  定期借家制度の動向
2002. 7  マンション投資は危ないのか!ペイオフ対策・年金になりえるのか!
2002. 6  何年たっても不良債権処理
2002. 4  売買契約前の重要書類について
2002. 2  利回りについて
2001. 12 収益物件取引きの現状
2001. 11 路線価について

戻る