2007. 9 レバレッジ効果の話
2007. 8 新BIS規制
2007. 7 未登記物件の税金
2007. 6 住宅ローンアドバイザー
2007. 5 収入印紙の話
2007. 4 登記済証(権利書)の紛失
2007. 3 立ち退き料

【不動産マメ知識コーナー】

 住居表示と地番2007.10.

法務局の申請書類に『地番・家屋番号は、住居表示番号(○番○号)とはちがいますので、注意してください。』と書いてあります。
そう「住居表示」と「地番」は、通常同じではありません。

「地番」→「その土地の登記簿での所在地・番号」「住居表示」→「建物の表示で、そこに住む人の住所・番号」として利用しています。法務局では、土地はすべて「地番」で登記されていますし、建物の登記簿上の「家屋番号」も「地番」が分かれば調べることができます。

住居表示のしかた■(大阪市)

(町名)

(街区符号)

(住居番号)

大阪市××区

××○丁目

○ 番

○ 号

マンションは

○―○号

棟番号と各戸の番号

街区符号のつけ方は、数字を用い、大阪城にもっとも近い街区を起点として、連続蛇行式により順序よくつけるものとする。

住居番号のつけ方は、大阪城に近い街区の角を起点として原則として右廻りに街区の境界線を10m間隔に区切り、住居番号の基礎となる番号を当該間隔に順次つける。
(大阪市住居表示実施基準より)
















地番の意味■

元々「地番」は(明治時代の地租改正以来)固定資産税を聴取するために個々の土地につけた番号です。

だから、“固定資産税・都市計画税”の請求は所有者の住所に着ますが、対象不動産の表示は「地番」で行っています。

土地を特定するためにつけた番号と、その所有者を明解にするための登記することになります。

 お電話でのお問い合わせは
 06-6360-9791
 お問合せフォーム  メールでのお問い合わせは