2009. 1 不況下の不動産投資ー比較優位性あり!−
2008. 12 改正建築士法
2008. 11 マンション管理適正化法
2008. 10 利回りだけではない!収益不動産活用
2008. 9 不動産会社と株価
2008. 8 ローン特約の話
2008. 7 「中間省略登記」復活!
2008. 6 住宅瑕疵担保履行法
2008. 5 ”指値”の季節
2008. 4 分譲マンションの固定資産税評価額
2008. 3 旧法借地権
2008. 2 任意売却 ‐3つめの不動産市場‐
2008. 1 個人間の低額不動産売買
2007. 12 キャップレート
2007. 11 死亡事件のあった物件
2007. 10 住居表示と地番
2007. 9 レバレッジ効果の話

2007. 8 新BIS規制
2007. 7 未登記物件の税金
2007. 6 住宅ローンアドバイザー
2007. 5 収入印紙の話
2007. 4 登記済証(権利書)の紛失
2007. 3 立ち退き料
2007. 2 修繕費の認識度
2006.12〜2007.1 人口減少と不動産投資
2006. 11 保険的な収益不動産
2006. 10 10月は宅建資格試験2006. 9 坪・帖・間・尺
2006. 8 住宅ローン金利上昇
2006. 7 法令遵守の功罪
2006.. 6 裁判所の不動産競売入札
2006. 5 土地取引価格情報公開について
2006. 4 地目(ちもく)
2006. 3 不動産広告と禁止用語
2006. 2 筆界特定制度
★これより前のコラムはこのページの一番下にあります!
不動産マメ知識コーナー


 業界立ち話2009.2


不動産業界も不況の最中、1月29日に栄泉不動産鰍ェ民事再生手続きを申し立てたというニュースは結構インパクトがありました。
いわゆる金融機関の別働隊的なイメージの固い老舗企業ですから、いわゆる一般の不動産会社とは違って、絶対につぶれない側にある別格の会社だと思っていたのですが、つぶれちゃいました。
新聞の記事によると、多額の評価損の計上や、財務内容の悪化・資金繰り逼迫などの行間をみると、債務免除もできない、資本増強も難しかったのでしょうから、バックアップする立場の名立たる金融機関の実情も相当厳しいのだろうと推察せざるを得ません。
こんな時には、さほど信憑性のない(いや、あるかもしれない)面白い話もあったりします。
そんな話をしたいと思います。

■分譲マンション■

今年の分譲マンションの販売も近畿圏・首都権ともに15〜6年振りの低水準での発売戸数でスタートしました。
完成在庫の割引競争は20〜30%も珍しくないほどで、安けりゃそれなりに在庫は減少するので、マンションデベロッパーの倒産、大型住宅ローン減税の導入もあり、底入れは意外と早いのではという意見もあるようです。

在庫の早期処分と新規物件の契約率を70%に乗せることができれば、灯りは見えるというのですが、どうでしょうか。

■ファンド物件■

ファンド向けに建築された一棟売マンションや、収益ビルも債権者や投資家の抵抗で損切りできないで、資金繰りの続く限り持ち堪える覚悟です。
証券化不動産の時価評価は当初の思惑とは掛け離れた処にありますから、一旦損切りしようものなら雪崩のように暴落するかもしれませんから、全体として絶対に値崩れは避けなければなりません。
そこで新たな受け皿として新生ファンドがそれなりの値段で引き受けてくれる動きがあるというのです。それが本当なら、救世主じゃないですか・・・
そうです、間違っても「かんぽの宿」(注1)のようにバッサバッサと気前よく投売りするようなことはないでしょうが、判りませんよ。
日本郵政の西川善文社長が、「かんぽの宿」の『個別売却には費用が掛かるので…』と言ってましたが、一企業としてはそういう論法かもしれないけれども、民主主義的で透明性の高い解決方法を検討する立場であれば、手間ひまを惜しんではいけないと思うのですが。

(注1)
20073月、旧日本郵政公社から鳥取県岩美町の「かんぽの宿」を土地代を含め1万円で購入した東京の不動産開発会社が、半年後に鳥取市の社会福祉法人に6000万円で転売していたことが29日分かった。民営化を控えた郵政公社が、年間2670万円の営業赤字(05年度)を出す不採算施設として売り急いだ結果、買い手企業に短期で巨額の利益をもたらした格好だ。
 建物は1億円以上をかけて改修され、現在は老人ホームになっている。関係者によると、この社会福祉法人は設立に際し、閉鎖されるかんぽの宿を取得しようとしたが、既に他施設と一括で売却されることが決まっていた。このため、仲介業者を通じて売却先の不動産開発会社と交渉し、6000万円で引き取ることで合意。
関係者は「郵政公社が(バルク売したので)
1万円で売却したとは知らなかった」と話している。(時事通信:1月29日)

■収益還元法■

値崩れしない理由には、「収益還元法」が背景にあるという人がいます。
売主・買主の交渉や類似物件の事例で相場を踏んでいた不動産業界に、金融商品的な感覚を持ち込んでくれた「収益還元法」ですが、今回のバブルでどっかに行ったかのように思っていましたが、土俵際で頑張っているというのです。
(注2)まあ、色々な考え方があった方がいいです・・・

(注2)
日本郵政が「かんぽの宿」のオリックス不動産への売却を一時凍結すると表明した問題は 、入札が適正だったというのなら、徹底した調査と結果の公表で、それを証明するしかない。
鳩山大臣が喝采されているのは、2400億円も賭けた79施設を109億円で売るのはおかしい、それも政府の有識者会議で民営化に関与していた代表者の一企業にという点だろう。
鳩山大臣の「もっと営業努力をして価値(売値)を上げて…」発言を収益還元的だと指摘している記事がありましたが、100億円もする物件を自らの手で加工せずに購入を検討する買主はよっぽど余裕のある方でしょう。
オリックスのようなプロなら、安く買ってから自分で価値をアップさせると思います。
それも収益還元的発想を持った真っ当な買主です。

※日銀は30日にコマーシャルペーパー(CP)の入札をおこなったが、資金調達には一切懸念はない企業には必要ないのだから、日銀がオリックスのCPを購入するようなことは絶対にないと思うけど…なんでもありの世の中ですけど、もしそれしたら無茶苦茶でしょうね。


2006. 1 重要事項説明
2005.12 路線価の3倍の土地
2005.11 続・民間入札の弊害
2005.10 容積率・建ぺい率
2005. 9 キャピタル狙いですか?収益還元法
2005. 8 「敷引き」と判決
2005. 7 民間入札の弊害
2005. 6 自社ビル 購入か賃貸かについて
2005. 5 ”節税”に「不動産投資」は有効か?
2005. 4 J‐REIT/大阪物件見聞録
2005. 3 信託受益権販売業者って何者?
2005. 2 税制と不動産の悩ましい関係
2005. 1 今年の不動産対策はディフェンス重視!
2004.12 固定資産税精算金と消費税
2004.11 敷地権と古年マンション
2004.10 売買取引の習慣、大阪と東京の違い

2004. 9 自宅マンションの収益力って何ですか?
2004. 8 金利と収益物件の関係
2004. 7 不動産と相続評価
2004. 6 修繕積立金
2004. 5 仲介手数料
2004. 4 立地・将来性と利回り
2004. 3 「道路」について
2004. 2 「すぐできる空室対策」
2004. 1 「短期賃貸借制度の廃止」の前評判は?
2003. 12 来春,消費税が変る!
2003. 11 ミスは何故起ったのか!
2003. 10 中古の収益用不動産の値踏み
2003. 9 土壌汚染対策法と土地取引
2003. 8 資産運用と不動産の位置付け
2003. 7 収益用不動産と減価償却について
2003. 6 不動産情報とインターネット検索
2003. 5 −ややこしいぞ!−瑕疵担保責任
2003. 4 何年たっても不良債権処理その3
2003. 3 賃貸マンション建設と経営について
2003. 2 不動産の値踏み…公的価格と時価
2003. 1 平成15年の不動産市況について
2002. 12 賃貸物件の原状回復の問題
2002. 11 事業用不動産を買い換える時
2002. 10 続・何年たっても不良債権処理
2002. 9  定期借家制度の動向
2002. 7  マンション投資は危ないのか!ペイオフ対策・年金になりえるのか!
2002. 6  何年たっても不良債権処理
2002. 4  売買契約前の重要書類について
2002. 2  利回りについて
2001. 12 収益物件取引きの現状
2001. 11 路線価について


戻る