不動産マメ知識コーナー
 

★ワンルームマンション投資の話★  2013.5.5

有名人を広告塔として起用し、顧客の信用を得る手法があります。
金融商品取引法違反(誇大広告)容疑で強制調査を受けた資産運用会社「MRIインターナショナル」も、顧客向け情報誌「VIMO」(ヴィーモ)を季刊で発行し、著名人のインタビューを登場させていた。
宇宙飛行士の毛利衛さん(、雅楽家の東儀秀樹さん、登山家の野口健さん(、女優の草刈民代さん、歌舞伎役者の市川染五郎さんを起用し、表紙にも登場させていたという。
また、MRIに限らず、経済雑誌や新聞紙上に一見して広告と判別しにくい投資論や解説文を載せている商品広告の類もあまり感心しないですね。

■絶対に儲かる、という投資はありません!■

不動産投資、特にワンルームマンション投資を勧める商法は色々な苦情も多いので、フルローンで「元手はほとんどかからないから」イイかなっていう乗りでの購入は危険です。
不動産投資の良し悪しは購入後直ぐには分かりません。
購入物件の賃借人の賃料が相場の4割、5割高かったなんて話もなくはないからです。

なぜそんな馬鹿なことが分からないのかって?

例えば、北海道の人が特定の物件(例えば、大阪市中央区玉造)賃料相場を理解できていると思いますか?
調べれば分かるって?
そうですね、でもこれだけネットが浸透していても、あなたの知合いの(北海道の)不動産業者さんが大阪市中央区玉造(←別に何処でもいいのですが・・)のワンルーム1室の客付けを自らするのは至難の業です。
現物不動産投資は、株式や金みたいには扱えないものなのです。

この意味が分からない人は、J-REITに投資していた方が良いですよ。でも、あれは不動産投資ではありませんけど・・

投資用マンションは、勧誘方法が強引で、脅迫に近い勧誘行為を行う業者もあり、消費生活センターへの相談が後を絶ちません。
どれだけおいしい話でも、こういった勧誘には絶対にのってはいけません。
契約してから8日以内なら、クーリングオフを使って契約解除できる場合があります。

■投資には損というリスクが必ずついてまわります!■

それでも、プチ大家さんとかサラリーマン家主とか呼ばれている余裕のある個人投資家の現物不動産投資の市場は活況を呈しております。

現物不動産の売り物件が少ないという状況下では、不動産業者にとってその売り物件(商品)を見つける作業(仕入れ)は売ること以上にとっても重要な仕事です。

新築であれば、購入できる土地情報が必要です。中古マンションの売り物件は、既に収益があるか、空室状態で所有していようか関係なく、名簿業者が売っている区分マンション所有者のリストや、法務局で明らかに投資用マンションだと分かっている物件の不動産登記情報を閲覧してリストを作ります。
後は、各所有者へDMや電話攻勢をして仕入れできる物件を探しますが、中にはとってもしつこい業者もいて凄く鬱陶しい思いをした方もいらっしゃるでしょう。

不思議なもので、分かっていても電話が掛かってくると、「自分の持っているマンションは人気があるんだ・・」と思って、「野沢さん、最近、あちこちから買いたいって電話が掛かってきて、だいぶん値段が上がってきているですね・・」なんて違う方向に思ったりする方もいてはります。

確かに、マンション投資する人は“売却か相続とか”で終わりを迎えるわけですが、いつ売るのかというテーマはあって、正にその時が不動投資の損益が確定する瞬間です。

その時、ほどほどのインカムを得つつ、節税効果を満喫した上で、
且つインフレ効果が成就できれば嬉しいですね^^)

2006. 4 地目(ちもく)
2006. 3 不動産広告と禁止用語
2006. 2 筆界特定制度
2006. 1 重要事項説明
2005.12 路線価の3倍の土地
2005.11 続・民間入札の弊害
2005.10 容積率・建ぺい率
2005. 9 キャピタル狙いですか?収益還元法
2005. 8 「敷引き」と判決
2005. 3 信託受益権販売業者って何者?
2005. 2 税制と不動産の悩ましい関係
2005. 1 今年の不動産対策はディフェンス重視!
2004.12 固定資産税精算金と消費税
2004.11 敷地権と古年マンション

2004. 5 仲介手数料
2004. 4 立地・将来性と利回り
2004. 3 「道路」について
2004. 2 「すぐできる空室対策」
2004. 1 「短期賃貸借制度の廃止」の前評判は?                         掲載記事一覧表
2003. 10 中古の収益用不動産の値踏み
2003. 9 土壌汚染対策法と土地取引
2003. 8 資産運用と不動産の位置付け
2003. 7 収益用不動産と減価償却について
2001. 11 路線価について
  お問合せ・ご相談は、お電話またはフォームにて受けたまわります。
まずはお気軽にご連絡ください。

 お電話でのお問い合わせは
 06-6360-9791
   メールでのお問い合わせは


戻る