空家問題 相続対策 収益不動産 事業用不動産  不動産売買 テナント募集   南森町不動産                       失敗しない不動産投資と不動産業界基礎知識
℡ 06-6360-9791
街の風景  不動産マメ知識  FPなコーナー  物件情報  リンク集
     
南森町不動産/ブログ版 開設致しました! http://minamimorimachi.net 
不動産マメ知識コーナー

「民泊新法」施行     2018.6.15

いわゆる「民泊」って漠然としたイメージしかなかったのですが、一般の住宅やマンションに有料で人を泊めるものであって、空き室をインターネットを通じて借りたい旅行者に短期間貸すビジネスのことを言います。
ただ、もともと旅行者のためにある部屋ではないので、騒音や犯罪、既存住民とのトラブルが多発し、ホテルや旅館との正規の宿泊ビジネスとの共存を図るためのルールが施行されるわけです。

民泊が盛んになったのは、外国人旅行者がドッと押し寄せてきたためですが、その受け入れ先のヤミ民泊を規制しようとするのが「民泊新法」の目的です。

民泊仲介サイト大手のエアビーアンドビーなどが、ヤミ民泊の締め出しをし、行政の取締りを強化し始めたので、ヤミ民泊から撤退する人も多いということです。
ヤミ民泊は、下記の表にある「特区制度の認定」「旅館業法の許可」を得ていないものですが、大阪市内だけでも1万部屋以上あると言われています。

投資用のマンションの空室や、わざわざ賃貸マンションを借りて又貸ししてまで、旅行客に部屋を提供する人もいっぱい居ましたので、サイドビジネス感覚でヤミ民泊は一機に広がりました。
普通に、賃借人に貸すよりも2~3倍儲かりますから、悪気はなくてもやってしまう人の気持も分からないではありません。
でも、今回の規制で先のエアビーアンドの掲載も全国ベースで8割減少したというから凄い影響力です。
これからヤミ民泊は厳しいでしょうね!

一般の分譲マンションや賃貸マンションに住む場合は、管理規約に民泊禁止条項があるかどうか確認してから契約すれば、後で嫌な思いをしなくて済みます。


宿泊ビジネスの制度について、民泊ポータルサイトの概要を添付しておきます。

  お問合せ・ご相談は、お電話またはフォームにて受けたまわります。
まずはお
気軽にご連絡ください。
 お電話でのお問い合わせは
 06-6360-9791
 お問合せフォーム