history


2006.11 保険的な収益不動産
2006.10 株式投資信託の譲渡益計算書
2006.9 10月からの高齢者医療費改正
2006.8 負担増実感の夏/社会保険料・税の控除廃止
2006.7 来年離婚すると年金は1/2ですか?
2006. 6 50歳になったら年金額試算
2006.5 ご利用は計画できる?‐消費者金融の返済‐
2006.4 教育ローン顚末記
2006.3 青色申告特別控除の65万円 
2006. 2 年金暮らしと税金
2006. 1 今年、生命保険料が下る?
2005.12 耐震基準と不動産取得税軽減
2005.11 究極の錬金術
2005.10 給料下り、税収上がる
2005. 9 キャピタル狙いですか?収益還元法
2005. 8 給与所得者控除と経費
2005. 7 えっ!不動産所得が廃止?
2005. 6 自社ビル購入か、賃貸について
2005. 5 破綻したらどうなる?-そのお金、あの金融商品
2005. 4 J‐REIT/銘柄選定思案
2005. 3 自己責任
2005. 2 振り込め詐欺・募金アルバイトetc
2005. 1 今年の不動産対策はディフェンス重視!
2004.12 定率減税廃止と住宅ローン控除-住宅購入した方に-
2004.11 地震保険
2004.10 ギリギリの予算で自宅購入した次は…
2004. 9 堅いところで!「定額貯金」と「個人向け国債」

2004. 8 金利と収益物件の関係
2004. 7 変額年金保険と投資信託
2004. 6 インフレと資産
2004. 5 生命保険の加入基準について(法人編)
2004. 4 経営者の『生命保険』契約は会社名義で!?
2004.2・3不動産所有と管理会社の節税効果!

2004. 1 勘違いしては行けない,「住宅ローン減税」

2003.12 多様化する住宅ローン
2003.11 我が家のバランスシートを作ってみると!
2003.10 相続時精算課税制度と不動産との関り
2003. 9 株式の投資指標―初心者による初心者の為のお勉強会
2003. 8 資産運用と不動産の位置付け
2003. 7 プロでも手続ミス!?やっぱり年金は複雑でした
2003. 6 個人金融資産は1400兆円もあるんですよ
2003. 5 1年半経ったJ-REIT不動産投資信託
2003. 4  一般定期借地権のケーススタディ

2003. 3 本当に相続税かかります?
2003. 2 独立後の備え…小規模共済・国民年金基金
2003. 1 「貯める」と「投資する」
2002.12 生命保険の加入基準について(個人編)
2002.11 自宅購入とライフプランー賃貸か持家かー
2002.10 教育資金対策ー奨学金制度等の利用ー
2002. 9 ライフスタイルの多様化と、プランニングについて
2002. 7  マンション投資と他の投資商品との比較
2002. 6  新たな女性の時代へ…
2002. 4  相続評価としての「生命保険」について
2002. 2 相続対策としての「不動産」と「生命保険」
2001.12 不動産投資信託のイメージ
2001.11 個人型401K(「個人型」確定拠出年金)について
2001.10 自宅を売却すると「損」をする時に使える特例

【FPなコーナー】 

 【火災保険の話   2006.12.

火災保険は「火事で家や家財が焼けてしまった時」に損失を金銭的に補償する商品です。
本来、保険は任意で加入するものですから、必ずしも火災保険に加入が義務づけられているものではありません。
でも自宅マンションや投資用物件を購入する時は、殆んど火災保険には入ります。

  もし火災保険に入っていなかったら・・・

自宅の火災には勿論保険が適用させることになるのですが、隣の家からの出火についてお隣は弁償してくれません。(注1)
賃貸マンションの住人(賃借人)の場合はどうかと言うと、お隣の部屋に住んでいる人が原因で火事が起こっても、上記と同じ考え方で大家さんに弁償しなければなりません。

(注1)

この場合に火元の隣人は、賠償責任はないとするけれども、もし「故意≒わざと火をつける放火」とか「重過失≒注意すれば火事は起こらなかったはず」の場合は当然話は違ってきます。


  地震で火災が、どんどん燃え広がり自宅が・・・

通常、火災保険では地震が原因の火災は適用外です。心配な方は、別に地震保険に入る必要があります。

  最近話題の「過払い」保険料について

損害保険会社の「不払い※」は払うべき保険金を払わなかった事件ですが、「過払い」は契約者が余分に払ってた問題です。
※その理由が、商品が複雑でよく分からなかったって言ってたのには、さすがにビックリしました!

損害保険会社やその代理店は、契約更改時に評価額を見直すのが原則ですが、通常は新しい契約書をそのままの内容で更新することが多いということです。(注2)
例えば3500万円の分譲マンションに3500万円の火災保険を掛けたとすると、過払いになるという。
何故なら、3500万円の価格には土地代が入っていて、建物だけではその何割にしかならないということです。
それに加えて、建物は築年数が古いと評価も下るし、物価変動にも影響されるから契約当時の価格で推移するということない。

(注2)

  保険料の算出方法◆

(1)      比例払方式

保険金額を契約時の時価を基準に設定し、保険事故が保険価格に対する保険金額の割合によって計算されます。

<1-1>★全部保険★

2000万円の家に、2000万円の火災保険を掛け、全焼した場合に、2000万円の保険が下りる。

<1-2>★一部保険★

2000万円の家に、1000万円の火災保険を掛け、火災で半焼の1000万円の損害。この場合、保険金額は500万円(=1000万円×10002000)。

<1-3>★超過保険★

2000万円の家に、3000万円の火災保険を掛け、全焼した場合に、2000万円の保険しか認められない。超過した部分は無効となる。  焼け太りは駄目っていうこと!


(2)           実損払方式・・・<特約で契約します>

損害金は新価(再調達価格=建て直した時の価格)を基準として算出されるので、保険金はその金額を限度として損害金の全額が支払われます。

<2-1>

2000万円の家に、3000万円の火災保険を掛け、全焼した場合に、3000万円の保険金が支払われる。

戻る