「FPなコーナー」

  究極の錬金術】 2005.11.

わがHPをご覧頂いている方は、ビューアクセスで一日当り200~300人で以前からあまり変化がありません。
多くはないけれど、少ないとも思ってませんし、個人的にはそれで充分満足できたお陰で、丸4年継続することができたと思っております。
これからも、こんな調子で続けて行きますので、どうぞ宜しくお願いします。

 数年前に大ベストセラーになった「金持ち父さん貧乏父さん」が、実はフィクションだったというテーマが、あるブログで小さな論争が起こっていました。

「ウソをつかれた」

「不動産は買っていなかったのですか?」

「そんなのはフィクションでも、ノンフィクションでも問題ない」

「ロバート・キヨサキって架空の人物か…」

「騙された!」etc

当時、私も読みましたが、不動産売買の話が中心でしたので、『素人さんがまねをして火傷でもしないといいな~』と思ったことを思い出します。

そしてそれから不動産投資熱が高まって、一般的にもぼちぼち景気が良くなってきた時期になりましたので、今のところ功はあっても罪にはなっていないようです。。

本が売れて続編・続々編・続々々編と続き、セミナー・CD・ビデオが出て、ロバート・キヨサキさんはすごく儲かったことでしょう。

先のブログによると、著者の本来の目的である(本の最後に紹介してあった)“ボードゲーム”の売上げが急激に伸びて、成功を収めたと書いてあったりしました。

 

そう云えばちょっと前ですが、何やら真面目に治療方法について書いてある本が、実はある怪しげな商品を売るために信用させる目的だったなんてニュースがありました。

本屋さんの“資産運用コーナー“では、『株で10億円儲かる方法』『あなたもマンションオーナーになれる』なんて本が沢山ありますが、本当の儲け話はこっそりするものではないですか。