2006.3 青色申告特別控除の65万円 
2006. 2 年金暮らしと税金
2006. 1 今年、生命保険料が下る?
2005.12 耐震基準と不動産取得税軽減
2005.11 究極の錬金術
2005.10 給料下り、税収上がる
2005. 9 キャピタル狙いですか?収益還元法
2005. 8 給与所得者控除と経費
2005. 7 えっ!不動産所得が廃止?
2005. 6 自社ビル購入か、賃貸について
2005. 5 破綻したらどうなる?-そのお金、あの金融商品
2005. 4 J‐REIT/銘柄選定思案
2005. 3 自己責任
2005. 2 振り込め詐欺・募金アルバイトetc
2005. 1 今年の不動産対策はディフェンス重視!
2004.12 定率減税廃止と住宅ローン控除-住宅購入した方に-
2004.11 地震保険
2004.10 ギリギリの予算で自宅購入した次は…
2004. 9 堅いところで!「定額貯金」と「個人向け国債」

2004. 8 金利と収益物件の関係
2004. 7 変額年金保険と投資信託
2004. 6 インフレと資産
2004. 5 生命保険の加入基準について(法人編)
2004. 4 経営者の『生命保険』契約は会社名義で!?
2004.2・3不動産所有と管理会社の節税効果!

history
2004. 1 勘違いしては行けない,「住宅ローン減税」
2003.12 多様化する住宅ローン
2003.11 我が家のバランスシートを作ってみると!
2003.10 相続時精算課税制度と不動産との関り
2003. 9 株式の投資指標―初心者による初心者の為のお勉強会
2003. 8 資産運用と不動産の位置付け
2003. 7 プロでも手続ミス!?やっぱり年金は複雑でした
2003. 6 個人金融資産は1400兆円もあるんですよ
2003. 5 1年半経ったJ-REIT不動産投資信託
2003. 4  一般定期借地権のケーススタディ

2003. 3 本当に相続税かかります?
2003. 2 独立後の備え…小規模共済・国民年金基金
2003. 1 「貯める」と「投資する」
2002.12 生命保険の加入基準について(個人編)
2002.11 自宅購入とライフプランー賃貸か持家かー
2002.10 教育資金対策ー奨学金制度等の利用ー
2002. 9 ライフスタイルの多様化と、プランニングについて
2002. 7  マンション投資と他の投資商品との比較
2002. 6  新たな女性の時代へ…
2002. 4  相続評価としての「生命保険」について
2002. 2 相続対策としての「不動産」と「生命保険」
2001.12 不動産投資信託のイメージ
2001.11 個人型401K(「個人型」確定拠出年金)について
2001.10 自宅を売却すると「損」をする時に使える特例

 「FPなコーナー」

  教育ローン顛末記】 2006.4.


4月は新入学の季節です。親なら子供の教育には気も使うし、お金も使うことになります。
我が家でも
2人目の高校生が誕生し、お父さんの負担は2倍になるわけで、
「教育資金積立(注1)」(郵便局)を活用して乗り切ろうと思っていたのです。
ところが、積立金額はそれなりだったのですが、私自身の不注意で積立期間が満了していなくて、借入資格のないこと分かりました。やむなく「国民生活金融公庫」の“国の教育ローン”に申し込もうと考えました。
窓口で説明を聞き、さて申し込もうとしたその時、事業所得者については
770万円以内(給与所得者は990万円以内)の年間収入の制限があることは分かっていたのですが、配偶者の収入も含まれるという小さな説明書きがフッと目に入りました。
ウソを吐いても「確定申告書」などを提出する時点ですぐ分かることなので、その内容を説明してもらい、又もや借入が無理なことがはっきりしたのでした。
それなら、積極的だと聞いていた銀行の「教育ローン」の検討に入りました。
ネットで審査を受けることができるので早速トライしましたが、やれやれ入力し終わったと思ってもこの銀行の場合ほんのちょっとでも違がっていると(例えば、半角と全角・カタカナとひらかな)、また一から全部入力し直さないといけなくって、3回同じことをして駄目だったので、結局直接窓口で申し込ことにしました。
今度こそは大丈夫^^と思ったら、その担当者がお休みで詳しいことは分からないという始末です。
「パソコンお持ちでしたら、そちらでお申し込みできますよ…」って言われて、(本当はそれが煩わしいから来てるのに…)「そうですか」って静かに退却した次第です。

別に他の銀行でもいいだろうと、今度は必要書類も持参して窓口へ突撃。
ところが、うちの子供の学校は年4回に分けて授業料を払うのですが、その場合はその都度4回申し込んで欲しいということです。
さすがに疲れてきてましたので、その手間隙を考えるとこの際借入せずにその分だけ一生懸命働いていたほうがいいかも知れないと悟ってしまい、結局教育資金借入は諦めることにしたのです。


(注1)教育積立郵便貯金は、教育資金を準備する目的で、毎月決まった金額を1~5年にわたり積み立てます。積立が終了しますと、国民金融公庫から積立額と同額の融資を受けることができる貯金です。貯金の積立は200万円までですから、これと同額の融資を受けれた場合は、最高400万円の教育資金が準備できます。

戻る