2014.11.8 国民年金保険料 2年前納
2014.8.2 ファンド型商品:高齢者へ悪質な販売
2014.7.12 名簿屋
2014.5.11 ライフプランが難しい時代
2013.11.24 相続対策の専門家
2013.6.9 ニーサって何さ!
2013..2.23 弁護士・公認会計士 冬の時代
2013.2.11 健康寿命
2012.12.24 会社潰して、消費税逃れ
2012.11.23 「後納制度」(国民年金)始まる!
2012.11.10 新しい生命保険料控除
2012.9.17 65歳以上の暮らし、毎月3万6千円赤字
2012.8.26 富裕層増税(所得税・相続税)の行方
2012.7. 1 大手証券会社の大罪(インサイダー取引)
2012..5.13 社会保障と税の一体改革(相続税案)
2012.4.30 休眠口座
2012.3.11 指南役
2012.3. 4  4月より増税・減価償却改正
2011.11.23 主婦の国民年金救済策
2011.10.23 高額療養制度ってイイね! 
2011.10.10 国民医療費36兆円
2011.8.15 事実婚という選択肢



2011.6.19 分散投資とか、長期保有とか言いますが…
2011. 5 .5 寄附金控除(義援金は全部対象?)
2011. 3 税法の盲点をつく人達
2011. 2  空白の5年間
2011. 1 モラトリアム法案と不動産市況history
2010. 11 恣意的な取引価格
2010. 10 住宅ローンと将来設計
2010. 9 消費税滞納・エコポイントで課税?
2010. 8 小規模企業共済制度の改正
2010. 7 不動査証券化:負の遺産
2010. 6 FXのレバレッジ制限強化
2010. 5 小規模宅地等の特例見直し:相続税
2010. 4 「買わない」から「買えない」へ:改正貸金業法6月完全施行
2010. 3 節税と脱税
2010. 2 年金加入期間
2010. 1 定期金の評価見直し
2009. 12 マンション経営と消費税還付申告
2009. 11 長期ローンと完済時期
2009. 10 ”72”の法則
2009. 9 借金と相続
2009. 8 更新料の話

★これより前のコラムはこのページの一番下にあります!
FPなコーナー


アベノミクスと不動産業界】2014.11.24

 

アベノミクス効果

景気が悪いって言うのに、年末にもかかわらず唐突な感じの衆議院解散です。
橋下市長は出馬しないそうなので、大阪市内は幾分か静かに選挙戦が繰り広げられるでしょうね。
大義なき解散と言われているのですが、安倍首相は「アベノミクス」の是非を問うつもりだそうです。
「アベノミクス」って、『第一の矢:大胆な金融緩和』『第2の矢:大型予算』『第3の矢:規制緩和&民間投資喚起』のことでしたっけ日銀がどんどん国債を買ったりして、市中にお金を支出して、株価も急回復していますし、円安も進んでいますね。
当初、不動産市場も住宅やマンションの売れ行きが良かったのですが、今年の夏以降は結構冷え込んでいるみたいです。
収入が上がらないのに、むやみに家を買う人はいないでしょうから。

収益物件の市場は売り物件が極端に少なくて、金利も低いし、来年からの相続税対策として購入意欲はちゃんとあるにもかかわらず、世間で言われているほど活況でもありません。

「アベノミクス」ってまず大企業や富裕層に恩恵がもたらされる政策だと言われていますが、その後下々へチョビチョビと恩恵が感じられるようになるそうですが、今のところ下々には消費税の負担と相変わらずの収入のデフレ傾向がボディブローのように生活力を消耗させている状況ですね。

金融緩和のマネーはどこで滞留しているのか?

不動産市場が活発な時は、政府の経済政策と金融緩和がセットになっていることが必要だった。
従来は金融緩和で銀行の手元に資金が集まり、その資金が大企業のみならず中小企業にも融資が行われ、お決まりの公共事業も各方面に仕事を作ってくれて零細企業や商店主も潤い、各家庭や個人も金回りが良くなっていました。
「アベノミクス」のお金はファンドへ流れます。
大手の不動産仲介業者の営業成績は史上空前の数字を上げていて、Jリートや私募ファンドの取引は購入合戦の様相を極めているほど加熱しているようです。
取引金額は50億円とか100億円とかのレベルですし、証券化した不動産売買は国交省管轄の宅建業者じゃなく、金融庁管轄の信託受益権販売業者ですから、厳密に言えば不動産ではなく金融商品です。
こうした大規模な不動産取引を金融商品として後押ししているのが、アベノミクスが推し進めている大規模な金融緩和です。
今回の金融緩和では、上場している不動産投資信託(J-REIT)の日銀による購入額が900億円に再設定され、J-REIT市場を活性化させているのです。
私募フェンドは天井知らずです、

インフレ目標は2%です。

2009. 7 似ているけど違う用語集その2
2009. 6 無年金の恐怖
2009. 5 老後の生活費
2009. 4 必要入院日数の話
2009. 3 10年後の地価予想
2009. 2 割引現在価値
2009. 1 民法と契約トラブル
2008. 12 地震保険と損壊基準
2008. 11 リボ払いとアドオン
2008. 10 株価指数いろいろ
2008. 9 不動産会社と株価
2008. 8 似てるけど違う用語集
2008. 7 高くないか?国民健康保険料…その2
2008. 6 平成20年度不動産税制の改正
2008. 5 インサイダー取引
2008. 4 分譲マンションの固定資産税評価額
2008. 3 扶養する親族
2008. 2 国民負担率アップ
2008. 1 6つの係数
2007. 12 NOVA問題や教育訓練給付金
2007. 11 高いないか?国民健康保険料
2007. 10 金融商品取引法
2007. 11 高いないか?国民健康保険料
2007. 10 金融商品取引法
2007. 9 レバレッジ効果の話
2007. 8 「所得控除」って何?
2007. 7 退職金の話
2007. 6 住宅ローンアドバイザー
2007. 5 減価償却制度の改正
2007. 4 内縁の妻の年金受給
2007. 3 会社にばれない住民税納付
2007. 2 悪意の商法:金融・保険編
2007. 1 悪意の商法:不動産編
2006. 12 火災保険の話
2006. 11 保険的な収益不動産
2006. 10 株式投資信託の譲渡益計算書
2006. 9 10月からの高齢者医療費改正
2006. 8 負担増実感の夏/社会保険料・税の控除廃止
2006. 7 来年離婚すると年金は1/2ですか?
2006. 6 50歳になったら年金額試算
2006. 5 ご利用は計画できる?‐消費者金融の返済‐
2006. 4 教育ローン顚末記
2006. 3 青色申告特別控除の65万円
2006. 2 年金暮らしと税金
2006. 1 今年、生命保険料が下る?

2005. 12 耐震基準と不動産取得税軽減
2005. 11 究極の錬金術
2005. 10 給料下り、税収上がる

2005. 9 キャピタル狙いですか?収益還元法
2005. 8 給与所得者控除と経費
2005. 7 えっ!不動産所得が廃止?
2005. 6 自社ビル購入か、賃貸について
2005. 5 破綻したらどうなる?-そのお金、あの金融商品
2005. 4 J‐REIT/銘柄選定思案
2005. 3 自己責任
2005. 2 振り込め詐欺・募金アルバイトetc
2005. 1 今年の不動産対策はディフェンス重視!
2004. 12 定率減税廃止と住宅ローン控除-住宅購入した方に-
2004. 11 地震保険
2004. 10 ギリギリの予算で自宅購入した次は…
2004. 9 堅いところで!「定額貯金」と「個人向け国債」
2004. 8 金利と収益物件の関係
2004. 7 変額年金保険と投資信託
2004. 6 インフレと資産

2004. 5 生命保険の加入基準について(法人編)
2004. 4 経営者の『生命保険』契約は会社名義で!?
2004.2・3不動産所有と管理会社の節税効果!
2004. 1 勘違いしては行けない,「住宅ローン減税」
2003. 12 多様化する住宅ローン
2003. 11 我が家のバランスシートを作ってみると!
2003. 10 相続時精算課税制度と不動産との関り
2003. 9 株式の投資指標―初心者による初心者の為のお勉強会
2003. 8 資産運用と不動産の位置付け
2003. 7 プロでも手続ミス!?やっぱり年金は複雑でした
2003. 6 個人金融資産は1400兆円もあるんですよ
2003. 5 1年半経ったJ-REIT不動産投資信託
2003. 4  一般定期借地権のケーススタディ

2003. 3 本当に相続税かかります?
2003. 2 独立後の備え…小規模共済・国民年金基金
2003. 1 「貯める」と「投資する」
2002. 12 生命保険の加入基準について(個人編)
2002. 11 自宅購入とライフプランー賃貸か持家かー
2002. 10 教育資金対策ー奨学金制度等の利用ー
2002. 9 ライフスタイルの多様化と、プランニングについて
2002. 7  マンション投資と他の投資商品との比較
2002. 6  新たな女性の時代へ…
2002. 4  相続評価としての「生命保険」について
2002. 2 相続対策としての「不動産」と「生命保険」
2001. 12 不動産投資信託のイメージ
2001. 11 個人型401K(「個人型」確定拠出年金)について
2001. 10 自宅を売却すると「損」をする時に使える特例

戻る