2006.5 ご利用は計画できる?‐消費者金融の返済‐
2006.4 教育ローン顚末記
2006.3 青色申告特別控除の65万円 
2006. 2 年金暮らしと税金
2006. 1 今年、生命保険料が下る?
2005.12 耐震基準と不動産取得税軽減
2005.11 究極の錬金術
2005.10 給料下り、税収上がる
2005. 9 キャピタル狙いですか?収益還元法
2005. 8 給与所得者控除と経費
2005. 7 えっ!不動産所得が廃止?
2005. 6 自社ビル購入か、賃貸について
2005. 5 破綻したらどうなる?-そのお金、あの金融商品
2005. 4 J‐REIT/銘柄選定思案
2005. 3 自己責任
2005. 2 振り込め詐欺・募金アルバイトetc
2005. 1 今年の不動産対策はディフェンス重視!
2004.12 定率減税廃止と住宅ローン控除-住宅購入した方に-
2004.11 地震保険
2004.10 ギリギリの予算で自宅購入した次は…
2004. 9 堅いところで!「定額貯金」と「個人向け国債」

2004. 8 金利と収益物件の関係
2004. 7 変額年金保険と投資信託
2004. 6 インフレと資産
2004. 5 生命保険の加入基準について(法人編)
2004. 4 経営者の『生命保険』契約は会社名義で!?
2004.2・3不動産所有と管理会社の節税効果!

history
2004. 1 勘違いしては行けない,「住宅ローン減税」
2003.12 多様化する住宅ローン
2003.11 我が家のバランスシートを作ってみると!
2003.10 相続時精算課税制度と不動産との関り
2003. 9 株式の投資指標―初心者による初心者の為のお勉強会
2003. 8 資産運用と不動産の位置付け
2003. 7 プロでも手続ミス!?やっぱり年金は複雑でした
2003. 6 個人金融資産は1400兆円もあるんですよ
2003. 5 1年半経ったJ-REIT不動産投資信託
2003. 4  一般定期借地権のケーススタディ

2003. 3 本当に相続税かかります?
2003. 2 独立後の備え…小規模共済・国民年金基金
2003. 1 「貯める」と「投資する」
2002.12 生命保険の加入基準について(個人編)
2002.11 自宅購入とライフプランー賃貸か持家かー
2002.10 教育資金対策ー奨学金制度等の利用ー
2002. 9 ライフスタイルの多様化と、プランニングについて
2002. 7  マンション投資と他の投資商品との比較
2002. 6  新たな女性の時代へ…
2002. 4  相続評価としての「生命保険」について
2002. 2 相続対策としての「不動産」と「生命保険」
2001.12 不動産投資信託のイメージ
2001.11 個人型401K(「個人型」確定拠出年金)について
2001.10 自宅を売却すると「損」をする時に使える特例

 「FPなコーナー」

  50歳になったら年金額試算】2006.6.

兎に角評判の悪かった社会保険庁にとどめを刺すかのように発覚し国民年金保険料の不正免除(全国で違法性が濃い事例も約11万4000人分529現在))。
それでも、年金については社会保険事務所しか問い合わせる公的機関はなく、どうしてもしっかりしてもらいたい一心です。
これまでネット上では将来の年金受給額を試算するサイトが色々ありますが、年金の計算ははっきり言って基礎的データがちゃんとしてないと、単なる予想プレイみたいなものでしかありません。
この春から社会保険庁のホームページからでも受給見込み額を試算するサービスを開始していますが、これは見込み額とは言うものの非常に現実味のある金額であるはずです。
基礎的データ(標準報酬月額)は本人でなく、社会保険庁にしか分らないからです。
50歳?見た目それなりに若いのですが、10年後はほぼ確実に老後を意識しているはずですから、でも60歳に成ってから手を打って生活設計を練り直すには遅いかもしれません。
それなら50歳代で出来ることをやっておこうとすれば、この試算サービスはすごく利用価値や意味があります。
私も昨年末でめでたく50歳になりましたので、早速「社会保険庁」ホームページから試算の手続きを行いました。
週間ほどして、郵便で「ユーザーID」と「パスワード」が送られてきて、『さあやろう!』と思ったところ、当初自分で設定した「お客様設定パスワード」のメモが見当たりません。散々探したのですが紛失したようで、仕方なくもう一度同庁ホームページから申し込み手続きを行いました。
また、週間後に「ユーザーID」と「パスワード」が送られてきて、『さあやるぞっ!』と取り掛かりました。ところが今度は、入力した「ユーザーID」と「パスワード」が“違います!“と何度やっても画面に出て来て、仕方なく送られてきた封筒に書いてあった“操作方法お問合せ窓口”に電話して操作方法を確認したのですが、それでもどうしても上手くいかない。(苛々)
(正直言って、それほど難しい入力方法でもないけれども、入力文字が必要以上に凝っているようには感じましたネ。)そんなことにこれこれ以上時間を取られるのは嫌なので、電話口に出てきた方に他の方法について聞いたところ、「それでは《ねんきんダイヤル》0570051165に電話して必要事項を伝えて下さい。3~4週間でネット上同様の資料が入手できる」とのことでしたので、すぐに電話で申し込みました。
今は試算結果を愉しみに待っているところです。
お急ぎでない方は、こちらの方が断然便利だと思いますよ、絶対。

戻る